ワークナレッジ|仕事ノウハウ情報サイト

ワークナレッジ|仕事ノウハウ情報サイト

【Mac向け】Excel2016の折りたたみ行・列の「非表示/再表示」切り替え方法

【Mac向け】Excel2016の折りたたみ行・列の「非表示/再表示」切り替え方法

Excelで作業している時に見やすくするために、行や列を非表示にすることありませんか?または、非表示にされた状態でファイルを受け取ったりすることがあると思います。

その際、折りたたまれている行や列を確認したい時もあると思いますが、

どうやって再表示させるのか知っていますか?

そんなこと知っているよ!と思う方は多いかもしれませんが、

実際に私が業務で困った経験があるので(恥ずかしながら再表示の仕方を知りませんでした。)、

今回は復習の意味も込めて紹介したいと思います。

[1]非表示になっているのか確認

まず初歩的なことですが、行や列が非表示されている(折りたたまれている)か、確認しましょう。見るポイントはものすごく簡単です。

work_20161118_1

図1

上記の画像のように、行が非表示されている場合は数字の番号が飛んでいます。

「7」の次が「11」になっていますね。(図1)

列の場合も同様にアルファベットの順番を見れば大丈夫です。

work_20161118_2

図2

「E」と「F」が飛んでいるので非表示になっていることがわかります。(図2)

[2] 非表示の行や列を再表示させる方法

非表示されている行や列を再表示させる方法を2パターン紹介します。

どちらも簡単ですので、好きな方を選んでください。

[2-1]ホームのメニューから再表示させる方法

work_20161118_3

図3

①非表示になっている行(列)の上下の行を選択します。(図3)

 

 

work_20161118_4

図4

 

②「ホーム」タブを開き、「書式」の項目をクリックします。(図4)

  そうすると、「非表示/再表示」の項目が出てくるので、カーソルを持って行き「行の再表示」(列の再表示)をクリックします。(図4)

work_20161118_5

図5

  これで再表示完了です。(図5)

[2-2] 右クリック(2本指クリック)メニューから再表示させる方法

work_20161118_6

図6

  非表示になっている行(列)の上下の行を選択します。(図6)

work_20161118_7

図7

  右クリックメニューを呼び出し、下部にある「再表示」をクリックします。(図7)

work_20161118_8

図8

   これで再表示完了です。(図8)

[3] ついでに、非表示させる方法も紹介

念のため非表示させる方法も併せて紹介しておきます。

[3-1]ホームのメニュー非表示させる方法

work_20161118_9

図9

① 非表示にしたい行(列)を選択します。(図9)

work_20161118_10

図10

   「ホーム」タブを開き、「書式」の項目をクリックします。(図10)

③ そうすると、「非表示/再表示」の項目が出てくるので、カーソルを持って行き「行を表示しない」(列を表示しない)をクリックします。

work_20161118_11

図11

④  これで非表示完了です。(図11

[3-2] 右クリック(2本指クリック)メニューから非表示させる方法

work_20161118_12

図12

① 非表示にしたい行(列)を選択します。(図12)

work_20161118_13

図13

② 右クリックメニューを呼び出し、下部にある「表示しない」をクリックします。(図13)

work_20161118_14

図14

③ これで非表示完了です。(図14)

[4]「非表示/再表示」のショートカットキー

効率よく作業を進めたい方はショートカットキーを覚えてみてもいいかもしれません。

[4-1] Macの「非表示/再表示」のショートカットキー

非表示にしたい列や行を選択してから、

  • 「列を非表示にする」・・・ command + ) または、 control + )
  • 「行を非表示にする」・・・ command + ( または、 control + (

非表示されている列や行の上下(列なら左右)を選択してから、

  • 「列を再表示する」・・・ command + shift + ) または、 control + shift + )
  • 「行を再表示する」・・・ command + shift + ( または、 control + shift + (

[4-2] Windowsの「非表示/再表示」のショートカットキー

非表示にしたい列や行を選択してから、

  • ・「列を非表示にする」・・・ ctrl + 0
  • ・「行を非表示にする」・・・ ctrl + 9

非表示されている列や行の上下(列なら左右)を選択してから、

  • ・「列を再表示する」・・・ ctrl + shift + 0
  • ・「行を再表示する」・・・ ctrl + shift + 9

[5]まとめ

非表示になっているものを再表示させる方法は、一度覚えてしまえばとても簡単ですし、知ってしまえば何てことないものでしたね。この記事が困っている誰かの役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

須藤一樹
2015年大学卒業後、秘書、webマーケティング会社を経て、2015年11月よりフリーランスとして活動。セルリアに2016年1月から参画。ワークナレッジでは、「わかりやすく、読めば活用できる」実践的な記事を提供できるように目指していきます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top